1. TOP > 
  2. ショッピングモールに出店する

ショッピングモールに出店する

オンラインショッピングモールに出店を検討したとしても、オープンまでどれくらいかかるのか、何をすればいいのかが悩みどころ。ここでは楽天市場を例に、実際にオープンするまでの流れをご紹介します。

楽天市場とは

ネットショッピングモールの雄『楽天市場』。知名度、集客力、サポート体制、蓄積されてきた数多くの事例と、いまなお、成長を続けています。今なら成功事例集も無料で進呈中!

資料を取り寄せる

何はともあれ資料請求

ネットショッピングモールといってもサイトによって特徴は様々です。市場規模や、スマートフォン・タブレットECの対応、機能など各モールのページを見ても分からないことが少なくありません。まずは実際に資料請求をしてみて、気になる内容をチェックしましょう。また不明な点や、商材に関する相談など聞いてみたい事柄があれば自分から連絡をして、詳しく聞いてみるのがいいでしょう。

⇒資料を取り寄せる

プランを選んで申し込み

新規出店コンサルタントと色々詳しい話を聞いて出店を考えたら、出店申込を行います。楽天市場に限らず、主要なショッピングモールは様々な料金プランを用意しています。商材や展開などお店によって進め方が異なる部分があるので、取り扱う商材や、自分の運営状況(スキル・時間)などと照らし合わせて検討しましょう。この場合も新規出店コンサルタントに相談してみるのがいいでしょう。

そして、お店にあったプランを選びましょう!

ネットショップ運営経験がある

学びながらじっくり運営したい

月商132万円以上売れる自信がある

結果が出るまで
じっくり運営したい

商品が2万種類
以上ある

がんばれプラン
月商132万円まではお得なプランです。月額出店料(固定費)が割安でネットショップ運営の経験が少ない事業者がスタートしやすいプランで、まずはじっくりと運営ノウハウを蓄積しながら徐々に実績を作っていきたいお店向けです。
ライトプラン
契約期間が3ヶ月と短期。商品の販売期間が限られているなど、契約期間を短くしたい事業者に向けたプランです。通常の場合、短期間で売上を作るためにはしっかりと運営に臨む必要があります。
スタンダードプラン
ランニングコストが割安で「目標とする月商が約132万円以上」を目安に、しっかり売上を作りたい事業者が低コストで店舗運営できるプランです。商材単価が高いお店におすすめのプランでしょう。運営講座でノウハウを学ぶのも大切です。
メガショッププラン
登録可能商品数や画像容量が無制限でスタンダードプラン以上の登録可能商品数やHTMLメールやWebページで使う画像容量を求められる事業者向けのプランです。商材をたくさんお持ちのかたにオススメです。

ページトップへ戻る

申込書郵送・契約

主要なショッピングモールでは、出店前に出店審査を行っているのが通常です。こうすることで、お客さんが安心して買える市場の形成につなげています。出店審査に通るとあとは契約、出店です。申込書の他に、法人の場合は登記簿謄本、個人事業主の場合は、住民票もしくは印鑑証明も必要になります。
手元にある申込書を送って契約が完了すると、店舗構築・運営システム「RMS」のIDとPWが発行されますので、これで、いよいよ店舗構築の準備が整ったことになります。

楽天大学で基礎をみっちり叩き込む

お店が完成したら、いよいよオープンです。特定商取引法の表記や、問合せ窓口、会社概要や、決済・配送方法の説明など、必要なページができているか確認したうえでお店をオープンさせましょう。
オープンしても、集客のための企画などやらなければならない事はたくさん出てきますので、ここで安心せずに運営にのぞみましょう。

ショッピングモールの最大の魅力のひとつはその蓄積されたノウハウですので、ここできちんと学んで、店舗準備に役立ててください。
また、写真撮影講座などもあり、楽天市場に限らず、ネットショップを運営する上で必要な講座も行っています。

お店作り開始

さて、実際にお店を作るわけですが、セミナーを受けたといっても分からない部分は出てきますし、お店のコンセプトやオープン直後のイベントなど、いろいろと検討しなければならないものも多数出てきます。 楽天では店舗オープンまでと、店舗開店直後、それ以降とそれぞれサポート体制が整っていますので、疑問点などはどんどん聞いていきましょう。

販売開始

さあ、いよいよ店舗オープンです。お店がオープンしたといっても、これからまだまだやるべきことは発生します。目標達成のためにがんばりましょう!!

ページトップへ戻る