1. TOP > 
  2. モール出店のメリット・デメリット

モール出店のメリット・デメリット

ネットショップを開業しているお店さんに話を聞くと、必ず悩むとしてあがるのが、独自で店舗運営をするか、ネットショッピングモールに出店するかです。実際にECの市場規模は年々増えていますが、それに比例するようにネットショップの数もどんどん増えています。「楽天市場」、「Amazon」、「Yahoo!」など、何かとネットショッピングモールも話題にでますが、実際に出店するメリット、デメリットはどのようなものがあるのでしょうか。

ネットショッピングモールのメリット
  • 商圏が「全国」になる
  • コストを抑えつつ、スピーディーに始められる
  • 実店舗には並べられないような大量の商品を並べられる
  • 365日24時間営業が可能
  • 注文情報が即座にデータ化される
  • ネット上に用意されたマーケティングツールと連動しやすい
  • お店への入り口がネット上のいろいろな場所に生まれる
ネットショッピングモールのデメリット
  • 商圏が広いぶん、ライバル(競合)も多くなる
  • 情報の差別化が難しい
  • お客様の顔(表情)が見えにくい
  • “今すぐ”商品を渡すことができない

モールだから可能なメリットに大きな魅力がある

上の表にあげられているメリットの中でも 特に大きなメリットの一つは、やはり集客力です。実際のネットショップ運営者にとって、必ずぶつかる壁はどうやってお客さんを集めるかということになります。特に独自で運営するとなると、お店をオープンしても全くお客様に知ってもらっていないわけですから、知ってもらうためのところからハードルが待っているわけです。楽天では、楽天グループ会員に登録している会員数は約8750万人、1日あたりの平均取扱高が 82億円を超えてます。Yahoo! JAPANのトップページは1日あたり約2億回以上表示されていますので、トップページ、検索、スマートフォン・タブレットなどから、Yahoo!ショッピングのネットショップへ集客が見込まれます。アマゾンでは、PC・携帯問わず多くのユーザに利用されており、これは人気のショッピングモールならではです。

   

もう一つの大きなメリットとしては、蓄積された、成功・失敗の数多くの事例とノウハウでしょう。例えばお店をやってお客さんを集めるためにイベントや企画を実施しようとした時に、独自でやる場合、やってみないとわからない部分が多々あります。ですが、ショッピングモールの場合、実施の前に相談することで、「こうするともっといいですよ」「こんなやり方が向いてると思いますよ」といった、それまでの事例に裏づけされたアドバイスも受けることができます。
スピード勝負のECの世界において、これは非常に大きな魅力でしょう。

ページトップへ戻る

モールのデメリットは必ずしもデメリットとは限らない

費用については、「費用で選ぶ>>」で詳しく解説していますが、いずれのショッピングモールでもお店の商材や運用方針によっていくつかのプランを選べるようになっています。費用はかかってしまいますが、よりお店にあったものを選べるようになっています。
また、独自で行う場合であっても、販促のためにオークションやプレゼントなどを実施したりとか、メールを配信したり、お客様の情報をきちんと管理したりと、色々なことを行うたびに必要なものが増えていきますので、結果的にはある程度のコストは発生します。 また、モールによってある程度お店の作り方が決まっているため、必ずしも自分の思うように作れなかったり、モールによって店舗構築機能の使い方が異なるので不便を感じるお店様も少なくないようです。
最初から複数のショッピングモールでの展開を検討している場合や、ある程度ページ作成の技術をお持ちのお店にとっては、メリットと比較してどうするか判断する部分になるかと思いますが、これからネットショップをはじめたいと考えているお店さんには、あまり関係のないデメリットかもしれません。
ネットショップ運営で必ずぶつかる、集客・ノウハウという壁を考えると、ショッピングモールの持つメリットというのは何よりの魅力ではないでしょうか。

ページトップへ戻る